喧嘩マッチ、顔面崩壊で注目を浴びた女子プロレスラー安川惡斗の壮絶な半生を描き、大反響を巻き起こした話題のドキュメンタリー、“完全版"でDVDリリース!
約60分に及ぶ短編ドキュメンタリー『がむしゃら その後』を収録! さらに、劇場公開時に漫画家・イラストレーターから寄せられた応援イラストが閲覧できるイラストギャラリーも!
これは髙原監督と安川惡斗の『ブラックスワン』だ。飛べない白鳥がブラックスワンになってリングに舞い降りた姿に感動させられる。――廣木 隆一(映画監督:『火花』『さよなら歌舞伎町』)

●規格
カラー/16:9 ビスタ/片面2層/本編 102分+特典 約60分/音声:1.オリジナル日本語〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉
映像特典:短編『がむしゃら その後』、劇場予告編、安川惡斗 イラストギャラリー

●製作年・国
2014年・日本

●権利元
© MAXAM Inc.

●解説
生きるのって苦しい、でも楽しい。“悪の女優魂"をキャッチフレーズに女子プロレスラーとして活躍した安川惡斗の壮絶な半生を描き、大きな反響を巻き起こした話題のドキュメンタリー! 追加撮影された“その後の惡斗"を収録した『がむしゃら【完全版】』、ついにDVDリリース!
「こいつ、プロレスやって大丈夫か?」「今まであんな人いなかった」「焦ってる」「根性だけはある」「二重人格」「キライです」――安川惡斗に寄せられる仲間たちからの言葉。カメラは、顔にペイントを施し、“悪の女優魂"をキャッチフレーズでリングに上がる彼女の、秘められた素顔に迫っていく。自身の口から語られる中学時代のいじめ、レイプ、自殺未遂。人生を諦めかけていた時、1人の医師からの言葉に救われ、東京で出会った演劇と女子プロレスによって、彼女は再生の道を歩み出す。ヒール=悪役レスラーとして活躍を始めた彼女だったが、相次ぐケガに見舞われ、思いもよらぬ病にも襲われる。そして、世間を騒がせることとなった壮絶な喧嘩マッチの末の「顔面崩壊事件」…。傷つき、何度となく倒れても歩みを止めず、“がむしゃら"に生きている彼女の姿と言葉の一つ一つは、未来に希望を持てずに閉塞感を感じている人々に、感動と勇気を与えてくれるだろう。
特典映像として、大怪我を負った因縁の試合以降の惡斗に迫った、約60分の短編ドキュメンタリー『がむしゃら その後』を収録した、“完全版"DVD。

●安川惡斗(やすかわあくと)
本名:安川祐香。1986年11月13日生まれ、青森県三沢市出身。2012年2月5日、女子プロレス団体・スターダムからヒール(悪役)としてデビュー。13年11月3日、ダーク・エンジェルを下し、第3代ワンダー・オブ・スターダム王座に輝く。15年2月22日、世IV虎との試合が顔を殴り合う壮絶な喧嘩マッチに発展、重傷を負う。9月23日に復帰戦を行なうも、視力回復が困難との診断により、12月23日の後楽園大会をもって引退。以降、女優として活動している。

 

がむしゃら特設サイト

https://www.maxam.jp/gamushara/

 

定価4,500円(税抜)

時間 : 2 時間 42 分

送料一律180円

映画がむしゃら 完全版

¥4,950価格
    • Twitter - GPSプロモーション株式会社
    • YouTube - Black Circle